注目のキーワード

ウィッグのお手入れ ウィッグ(かつら) フォンテーヌ ウィッグの洗い方  ブラッシング

コラム一覧に戻る

ウィッグのブラッシングについて


 ウィッグを使ったことのある方やこれから使ってみようと考えられている方、お手入れの方法はご存知ですか?人毛よりも絡まりやすいというイメージをお持ちの方も少なくないと思います。ここで、ポイントを抑えたウィッグのブラッシング方法について紹介します。

ウィッグの性質について

 まずは、ウィッグの性質についてです。

 ウィッグは静電気が起こりやすく人毛よりも絡まりやすくなっています。また、一度絡まってしまったものを無理にブラッシングしてしまうとすぐに痛んでしまいます。そのため、きちんとしたお手入れをしないとすぐに使えなくなってしまう...なんてことも。そのため、ウィッグに合ったブラシと適切なブラッシング方法を知ることが大切です。少し難しく聞こえますが、少しのコツで長持ちできるんです。

 最近では静電気を防止する加工のある人毛用のブラシもありますが、ウィッグに使うにはブラシの目が細かすぎるものがほとんどです。ウィッグを長持ちさせたいのであれば、ウィッグに最適なブラシを使うことが一番といえるでしょう。

→アデランス通販のウィッグお手入れ方法についてはこちらから
→アデランス通販のウィッグケア商品についてはこちらから

どうすればきれいな状態で長持ちさせることが出来る?

 次は、どうすればきれいな状態で長持ちさせることが出来るのかについてです。

 先ほどもお話しましたが、ウィッグはとても絡みやすいものです。絡んでしまったものを絡んだままにしたりすると余計に絡まってしまう原因になります。しかし、使用後きちんと専用ブラシでとかすことで、きれいな状態を維持することが出来ます。とにかく、適宜ブラッシングすることが大切だと言えるでしょう。

 ブラッシングする際、出来ればAD&Fキュアコート(アデランス通販で販売)や静電気を防止するスプレーを併用することが望ましいです。ウィッグを専門に扱う、アデランスやフォンテーヌなどでは、ウィッグと一緒に専用のブラシやAD&Fキュアコート(アデランス通販で販売)、静電気防止スプレーなどの商品が販売されていますので、ウィッグを購入する際には一緒に購入することをお勧めします。

具体的なお手入れ方法とは

 最後に、具体的なお手入れの方法をご紹介します。

 ウィッグは人毛よりもデリケートなものです。ブラッシングする際は、専用のスタンドを使用することが望ましいですが、ない場合は新聞紙などを丸めてネット部分に入れると形をキープしながらブラッシングすることが出来ます。

 ウィッグにブラシを当てるときは、少量ずつに毛束を分けながら少しずつブラッシングします。少量の毛束を手に取ったらまずは毛先をブラッシングします。くし通りがよくなってきたら少しずつ距離を広げ、絡まりをとかします。この作業を、ウィッグ全体に行います。この際、AD&Fキュアコート(アデランス通販で販売)や静電気防止スプレー等を使うとより、サラサラになり光沢も出ます。

 ここで紹介したお手入れ方法は、ごく一般的なものです。最近ではさまざまな形態のウィッグが販売されていますので、出来るだけその種類にあったウィッグのお手入れ方法をすることをお勧めします。

→アデランス通販のウィッグケア商品についてはこちらから
→フォンテーヌのウィッグお手入れ方法についてはこちらから

コラム一覧に戻る


「ウィッグコラム」その他のジャンルはこちらから

ウィッグの種類
ウィッグの種類
ウィッグの選び方
ウィッグの選び方
ウィッグのお手入れ
ウィッグのお手入れ
ウィッグのアレンジ
ウィッグのアレンジ
ウィッグの買い替え
ウィッグの買い替え
ウィッグを使っている人の声
ウィッグを使っている人の声

ページTOPへ