注目のキーワード

ウィッグのお手入れ ウィッグ(かつら) フォンテーヌ ウィッグの洗い方  ブラッシング

コラム一覧に戻る

カールのウィッグのお手入れ方法


 カールのついたウィッグは使用するにつれてカールが絡まってボサボサになってしまったり、カールがダレてきてしまいます。でも、ただブラッシングするだけでは、更にカールが取れてしまう…そんな悩みを解決する、きれいなカールを保つ方法をご紹介します。

ボサボサのカールウィッグ!どうしたらいい?

 カールのウィッグがボサボサに絡んでしまった時に、おすすめのお手入れ方法をご紹介しましょう。用意する物は、ウィッグ専用ブラシとケアミスト(アデランス通販で販売)です。

 @ブラシでウィッグをとかします。元々のカールのまとまりに沿うように、少なめに毛束を取ります。ブラシを通る分量くらいまで束の量を減らし、ブラシが滑らかに動くようになるまでしっかりブラッシングします。毛先から少しずつ解くようにすると、絡みもほどけます。

 A @の毛束を軽く手でまとめ、毛先を持ってねじっていきます。毛束全体がねじれたら毛先を離しましょう。きれいなカールが戻っているはずです。

 Bカールした毛束を手のひらにのせ、元のカールのくせに沿って、根元まで巻いていきます。このカールの束に、ケアミスト(アデランス通販で販売)をかけます。しっとりするくらいまでしっかりとミストをスプレーし、少し握るようにしてしみ込ませます。

 C Bの毛束の形を崩さないようにそっと置き、自然乾燥させます。この作業を繰り返し、ウィッグ全体に処理を施します。完全に乾いたら完成!

 ちょっと手間がかかりますが、美しいカールが戻ってきますよ!

→アデランス通販のウィッグお手入れ方法についてはこちらから
→アデランス通販のウィッグケア商品についてはこちらから

カールのウィッグの保管方法

 ウィッグを使用した後の保管方法次第で、購入時の美しさを長く保てるかどうかが変わってきますね。美しい状態を長く保つための保管方法についてご紹介します。

 ウィッグの保管は、通気性の良い場所で専門のウィッグ台に乗せて保管する方法がベストです。2Lペットボトルにタオルなどを巻き付けた手作りスタンドでもOK!

 まず、ウィッグ全体にウィッグ専用スプレーを吹き付け、専用ブラシで丁寧にブラッシングします。これが済んだらスタンドに乗せ、台ごとウィッグにネットをかぶせます。ウィッグ保護用のカバーネットがあれば、最適な環境でウィッグを保管できます。

 ロングの場合は、ネットからはみ出た部分を三つ編みにしてネットの中へ入れましょう

 カールのウィッグの場合は、長時間ぶら下げておくと、重力でカールが伸びてしまう恐れがあります。元のカールの形に沿って髪をカールさせ、自然に台を寝かせた状態で保管するのがポイントです。

こまめなお手入れでカールウィッグの美しさが持続!

 ウィッグを長持ちさせるための最大のコツは、こまめなお手入れを欠かさないことです。使用前と使用後には必ずブラッシングをすることと、傷みが目立ってくる前にシャンプー&リンスをすることがお手入れの基本です。

 特に、カールのウィッグは絡みやすいのでブラッシングは重要!使用後に少しでも髪が絡んでいたら、その日のうちにブラッシングをして絡みを解いておきましょう。ブラッシングの前にウィッグ専用のミストやスプレーを吹きかけると、ブラッシングの摩擦を軽減できます。

 カールウィッグは、ブラッシングしすぎるとカールが伸びやすくなってしまいます。ブラシの柄の部分を使い、絡みをほぐすようにやさしくブラッシングすると良いでしょう。また、傷みが目立ってきたら、ウィッグ専用シャンプー&リンスで丁寧に洗う事も大切です。

→アデランス通販のウィッグケア商品についてはこちらから
→フォンテーヌのウィッグお手入れ方法についてはこちらから

コラム一覧に戻る


「ウィッグコラム」その他のジャンルはこちらから

ウィッグの種類
ウィッグの種類
ウィッグの選び方
ウィッグの選び方
ウィッグのお手入れ
ウィッグのお手入れ
ウィッグのアレンジ
ウィッグのアレンジ
ウィッグの買い替え
ウィッグの買い替え
ウィッグを使っている人の声
ウィッグを使っている人の声

ページTOPへ