注目のキーワード

ウィッグのアレンジ  ウィッグのまとめ方  ウィッグ(かつら)  フォンテーヌ

コラム一覧に戻る

ひとつのフルウィッグで何度も楽しむアレンジ術


 フルウィッグはただ頭に被るだけで見た目の雰囲気を一新してくれる秘密の道具です。
 けれど、同じものを使い続けるといつかは飽きがきてしまいます。しかし、次々買い換えるのももったいない気がするのも確かです。そこで、同じ製品でもちょっとした工夫で違った可愛さや美しさを演出できるアレンジ術をご紹介しましょう。

基礎アレンジでウィッグを自分に馴染ませよう

 フルウィッグを購入したら本格的なアレンジの前に自分にフィットするように髪を整えておきましょう。 まずは装着して軽くブラッシングを行ってください。そうしながら自然な髪の流れや自分に合ったカールの癖をつけていきます。カールがからまっている所があれば手をつかって丁寧にほぐしてください。

 後は髪を少量ずつつまみ上げて、ゆっくりと全体の形を作っていきます。そうするだけでも人工的なウィッグの髪型が自分に馴染んだものになるはずです。

 以上のように、色々試してみる前にそのウィッグに対する基本的なスタイルを確立しておくことが大切です。基礎がしっかりしていればその後のアレンジもより楽しむことができるでしょう。

 そして、ある程度慣れてくればワックスなどを使って、本格的なアレンジを行っていけばよいのです。

→アデランス通販のフルウィッグはこちらから

ちょっとした工夫でショートヘアの雰囲気を変えてみよう

 ショートヘアのフルウィッグの場合、アレンジのバリエーションがあまりないと思われるかもしれませんが、それも工夫次第です。

 例えば、サイドの片側だけをピンで留めてアップするという方法もあります。左右非対称な微妙なバランスが逆に、オシャレな味わいを引き立てます。もしその結果、ちょっとバランスが悪いと感じたらアップした側に大きめのアクセサリーを付けてみましょう。それでバランスが整うはずです。

 また、ショートボブのウィッグの場合はそれだけでも十分可愛いのですが、全体にスプレーワックスをふりかけ、手をつかって髪の毛を浮かすような感じでラフのまとめてみるという手法もあります。そうすることで髪にボリューム感が生まれ、垢ぬけた雰囲気にすることができます。

ロングヘアを編み込んで可愛らしさを強調しよう

 一方、ロングヘアのフルウィッグの場合におすすめしたいのが編み込みによるハーフアップです。

 ウィッグの欠点のひとつに、使う人によっては髪の毛にボリュームがつきすぎて不自然に見えるという点が挙げられますが、気になる部分を三つ網みにしてまとめればボリュームを抑えることができます。

 もちろん、それには雰囲気を変える効果もあり、例えば、両サイドを編み込み、それを後ろでひとつにまとめれば、それだけで普通のロングよりぐっと可愛さが強調されるでしょう。

 他にも、つむじの少し下辺りから大きめの束になるように編み込んでいき、それを頭の周囲にぐるりと回し、ピンで留めて整えるという方法もあります。そうするとロングでもショートでもない、ちょっとクラシカルな可愛らしさを表現することができるのです。

→フォンテーヌのフルウィッグはこちらから

コラム一覧に戻る


「ウィッグコラム」その他のジャンルはこちらから

ウィッグの種類
ウィッグの種類
ウィッグの選び方
ウィッグの選び方
ウィッグのお手入れ
ウィッグのお手入れ
ウィッグのアレンジ
ウィッグのアレンジ
ウィッグの買い替え
ウィッグの買い替え
ウィッグを使っている人の声
ウィッグを使っている人の声

ページTOPへ