注目のキーワード

ウィッグのアレンジ  ウィッグのまとめ方  ウィッグ(かつら)  フォンテーヌ

コラム一覧に戻る

生え際の白髪はウィッグにおまかせ


 年齢とともに気になりだす生え際の白髪は、その量に関わらず老けた印象を与えてしまいます。ウィッグを使っても生え際の白髪は隠せないと思っている方も多いようなのですが、アデランス通販のウィッグは、トップピースでも、生え際の白髪を自然にカバーしてくれます。その実力をご紹介します。

白髪のケアで黒髪までダメージを与えてしまう?!

 本来、人の髪は白い状態で作られ、メラノサイトによって作られたメラニン色素が髪に色を付けるそうです、白髪はそのメラニン色素が入らない状態のまま伸びてきた髪なのです。では、どうしてメラニン色素が入らない状態のままの髪が伸び始めるのでしょうか。

 それは、加齢によりメラニン色素を作りだす酵素の働きが40歳前後になると急激に衰え始めるためであり、生活環境や健康状態により左右されます。髪の毛は、一か月に約1p程度伸びると言われており、生え際の白髪が目立ってしまうのはこのためです。伸びるのが早い方だと、2週間に1回程度は染めないと目立ってしまいます。

 そうなると、髪の毛も疲労し、元気だった髪の毛まで痛めてしまう可能性もあります。必要な個所を必要な分だけケアする形で白髪を目立たなくするのが、頭皮にとっても髪の毛にとっても一番負担が少ない白髪ケアの方法なのです。

トップピースなら白髪をカバーしつつボリュームアップ

 最近、ウィッグの中でも人気が高いのがトップピースです。分け目やつむじ周辺の白髪をカバーしつつ、髪をボリュームアップしてくれる優れものです。つけ方はとても簡単で、前後を織ネームがついている箇所で確認し、ワンタッチストッパーを全て開き、ボリュームを出したい部分を決めてかぶせるだけです。髪の生え際から1〜3センチ後がつける位置の目安になります。

 前と右、左のストッパーを一つずつ固定したら、頭の形に沿わせるように、後のストッパーを固定します。最後の仕上げに毛先から自髪と馴染ませれば、自然な出来上がりになります。トップピースの魅力は、前髪にかけてボリュームを出せるところで、サイズも横7p、縦10p程度と手のひらに乗るコンパクトなサイズです。

 前髪付近は、顔全体の印象を左右するパーツですので、トップピースを使う事で、顔全体の印象を明るく若々しく変化させてくれるのです。

白髪の生え際だけでなく、全体の印象も変えたいならフルウィッグ

 髪を全体的にカバーしたい方にはフルウィッグがおススメです。白髪も薄毛も補えますので、カバーする位置が今一つ決まらない方にもスムーズに使っていただけます。ロングヘアの方がショートヘアに大変身できるフルウィッグもありますので、TPOに合わせてショートヘアをセミロングやボブ、ロングヘアにするなども、フルウィッグなら自由自在です。

 その日の気分でアレンジすることも可能なので、外出するのがとても楽しくなります。フルウィッグは、つけ方も簡単です。最近では、髪の印象だけでなく、顔の表情もカバーしてくれるフルウィッグも登場し、おしゃれアイテムとして人気です。

 白髪の生え際のカバーだけでなく、ヘアアレンジを楽しむためにフルウィッグもおすすめです。

コラム一覧に戻る


「ウィッグコラム」その他のジャンルはこちらから

髪や薄毛のお悩み
髪や薄毛のお悩み
ウィッグの種類
ウィッグの種類
ウィッグの選び方
ウィッグの選び方
ウィッグのお手入れ
ウィッグのお手入れ
ウィッグのアレンジ
ウィッグのアレンジ
ウィッグの買い替え
ウィッグの買い替え
ウィッグを使っている人の声
ウィッグを使っている人の声

ページTOPへ